バンビ堂のなんかもう色々

本とかゲームとかアニメとか、とにかく雑多なバンビのアレコレ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みなさんこんばんは、バンビです。

今日は白泉社のマンガの感想をば。
『金色のコルダ』新刊について触れてますが、「少しでも内容知りたくない!」って方はご用心


金色のコルダ 12 (12) (花とゆめCOMICS)金色のコルダ 12 (12) (花とゆめCOMICS)
(2009/03/05)
呉 由姫

商品詳細を見る



なんか今回のコルダ、面白かったぞ・・・?
恋愛模様も少しずつかわり始めただけじゃなく、それぞれを取り巻く環境も
徐々に動きを見せてきましたねー。
そうそう、少女マンガといえど、恋愛ばかりに重点を置いちゃダメなんですよ。
でも少女マンガだから、それぞれの気持ちが見えてくると面白くなってきますね。
新刊はまさしくそんな感じでした。
日野ちゃんがちょっと天然小悪魔のような感じにも取れたけれども。
純粋さは時に酷ですね。
でも普通に日野ちゃんイイ子で可愛いのでいいですね。
ただツインテールは私はあまり似合ってないように思いますが。


やー、しかし加地は柚木とはまた違ったクセモノですね。
柚木とは違って本心から言葉を紡いでるんだけど、マンガ版では
何気に状況を動かすキーパーソンと化している。
相変わらず痛い発言が多いものの、まぁそこは完璧男の弱点ということで。
いやいや、完璧男じゃないからこその魅力なんでしょうね。

このままだと単純に考えて、日野ちゃんは王道月森ルートで行くんでしょうか?
あれだけ純粋に日野ちゃんを思う火原が少々不憫ではありますが。
唯一きちんと日野ちゃんへの想いを自覚しているキャラなだけに可哀想な気も。
あ、加地もか。
個人的には加地みたいな鬱陶しいキャラ、空回りしてて結構好きなんですけどね。
まぁ所詮そこは『バイオリンロマンス』ですから。しょうがない。
あれ、王崎は・・・?
気付かなかったことにしよう。


しかし今回、何かが足りない何かが足りないと思っていたら、
ラブリー代表である冬海ちゃんの出番がなかった・・・!ジーザス!
恋が動くのはいいんですが、可愛い女の子要素が減るのは寂しいな・・・。
冬海ちゃん可愛いよ、ホント。



    



       
スポンサーサイト
みなさんこんばんは、バンビです。

昨日むげにんの話がチラッと出たので今更ながら新刊感想なんぞ。


無限の住人 24 (24) (アフタヌーンKC)無限の住人 24 (24) (アフタヌーンKC)
(2009/02/23)
沙村 広明

商品詳細を見る



やーやー、尸良が狂犬から狂獣へと超進化ぁーーー!
デジモンなんてかわいげのあるもんじゃねぇって話ですが。

尸良、長生きだなぁ。
長生きだと思ってたらいつの間にか不死を手に入れてた!すごい!
相変わらずのド畜生っぷりがある意味清々しくて吐き気がしますね(^^)
思えば登場から現在まで道を外れっぱなしでした。
そんな尸良を生み出す沙村広明は(略)

前巻は天津さんがウッキウキに大暴れしてましたが、今回は尸良さんでしたね。
万次さん、形無しだなぁ。
ここんとこずっといいところ見せられてないんじゃないでしょうか。
囚われるわ、腕なくすわ、いいようにしてやられるわ。
今回も危うく死にそうになってる万次さんですが、こういう時必ず助けが来るのがお約束。
目黒の死亡フラグがバンバンたってますが、でも意外に生き残るかもしれない。
個人的には尸良vs天津ってのも見てみたい気がします。


血仙蟲の仕組みも歩蘭人によって明かされた、というか、わかりやすく
説明をされたわけですが、こうしてみると改めて思いますね。
万次さん、不死じゃなかったら何回死んでるんだろうって。
数え切れないくらい死んでるよね、あの人。
不死に無意識にでも助けられているようじゃ天津には勝てないだろうな。


と、なんやかんや言ってますが、万次さん好きですよ。
凛の存在を必ず頭の片隅においてるあたり、人間くさくて好きです。
あのボロボロ・バラバラ感がハラハラさせられて好きです。
どんだけ斬られれば気が済むの!頑張れ万次!ってなります。



    

       
みなさんこんばんは、バンビです。
いつの間にかはや3月。早いものです。


今日は、今私がハマっているマンガのご紹介。


タブロウ・ゲート 1 (1) (プリンセスコミックス)タブロウ・ゲート 1 (1) (プリンセスコミックス)
(2007/12/14)
鈴木 理華

商品詳細を見る



これ、絵がめちゃウマ綺麗だし、展開も良くて実に面白いです。
逃げ出したカードを捕獲していくという根本的な部分は
某カードキャプターなさくらちゃんを思い出すところなんですけれども、
タブロウ・ゲートはどちらかというとファンタジーながらも重厚感のある展開。
まだ3巻までしかでていませんので、主人公であるサツキ少年が何故管理人でもないのに
タブロウを操れるのかまでは明かされていませんが、面白いのは、カードを呼び出す人物
によってカードの持つ性質が左右するあたりでしょうか。
レディ召還のTHE MOONだとまさしくクールな“剣聖”なのに、サツキ召還だと“主夫”。
一番性格に違いがありそうなのがTHE MOONかもしれない。
レディ召還のTHE DEVILだと魔女っ子のような幼女の風貌なのに、
サツキが召還すると、まさしく
デッビーーールッ!
って感じの風貌に変化して暴れまくるのが印象的。

これだけ読んでると、なんだかギャップギャグのようにも見えてしまいますが、
内容は謎あり伏線ありサスペンス(?)ありで中々にハラハラさせられます。
家族を失って孤独感に見舞われていたサツキの元に、レディやタブロウたちが
集うことによって、だんだん『家族』のようなものになっていく姿は
見ていてもどこか暖かい気持ちにさせてくれます。


サツキもレディもタブロウたちも実にキャラが個性的。
時にはすれ違いながらもそれらが上手く織り成す繋がりや思いはどんどん深く。


『下僕じゃないよ。仲間。

     タブレットは“僕たち”――― みんなで守ろう』



種族を超えた絆というのは本当にいいものですね。
これからきっとまだ出てきていないタブロウが出てくることでしょう。
どんな個性を見せてくれるのか実に楽しみです。
タブロウ・ゲート、おすすめです。


願わくば、ASUKA時代のように途中で出なくなるようなことがありませんように・・・。



    

       
みなさんこんばんは、バンビです。

スキップ・ビート! 1 (1) (花とゆめCOMICS)スキップ・ビート! 1 (1) (花とゆめCOMICS)
(2002/07/19)
仲村 佳樹

商品詳細を見る



スキビもいよいよ21巻。
気付いたらここまで長くなってましたね。
アニメ化もされましたし、今ノリに乗ってるマンガの一つと言えるでしょうね。

今回でようやく新展開突入
新ドラマに挑むキョーコに新たな試練が!というお約束なヒキで終わった今回ですが、
そんじょそこらのヒロインとは違うキョーコのことですから、きっとまた一味違った解決策を
見出してくれることでしょう。
とりあえず今回は問題提起の巻ということで、モヤモヤを次回に持ち越しですね。
千織はケンカ仲間のようないいライバルキャラになると予想。
スキビはガラかめと違ってきちんと次の巻が出る分、楽しく次を待てるのがいいですね。


芝居の問題となると、どうしたって蓮の出番が増えますね。
別に尚派とか蓮派とかはありませんが、あの二人が絡む方が話として盛り上がって好きです。
いつだったか人気投票の結果が載っていましたが、世間では蓮が圧倒的に好かれてるんですよね。
そんなに人気に差があるのか!と驚いたもんです。
私は尚、嫌いじゃないんですけどね、単純でわかりやすくて。
蓮はどちらかというと、ヘタレというより回りくどい手が多いな~、と。
気持ちを自覚してない頃の方が個性があって面白かったかもしれない。

スキビは男でも楽しめるマンガだと私は思います。
あの絵柄と頭身と恋愛要素に拒否感を覚えなければ、ですが。
私は話重視のタイプなので、絵が上手くて話が糞みたいなマンガよりよっぽどいいと思います。
既に長く出てるから手を出しにくいと思う人もいるかもしれませんが、
スキビに関しては長さは気にならないと断言できます。
未読の方は一度手にとってみてはいかがでしょうか?


アニメの方は月籠り編に入りましたね。
確か2クールだったように思うのですが、月籠り編を終わらせて、
「俺たちの戦いは、まだ始まったばかり!」 ○○先生の次回作にご期待ください
的流れで終わるんでしょうかね。
まぁ、花ゆめ系のアニメは間をおいて2期、という展開が続いてますから
スキビももしかしたらそういう展開なのかも?



    
       
みなさんこんばんは、バンビです。
今日は時間がないので手短に。

たまにあるんですが、なんだか無性にマンガ読みたくなる時がありまして。
で、イーブックオフで『無限の住人』(沙村広明、講談社)の序盤の方と、
西炯子さんのマンガを何冊か購入しました。
むげにんは序盤は人に借りて読んでいて、途中からまどろっこしくなって
自分で買いだしたものなんですよね。
なので序盤だけ手元にない状態で。
で、少し前にアニメ化してましたし、そろそろ読み返したくなってきたなー
ということで、前巻そろえることにしました。
ヨレヨレになった天津が見たくってね・・・。

西さんのは、前から手に入れたいと思いつつも流していて、
今回注文するにあたって「送料無料にするのに金額が足りない!」という
なんとも不純な理由で購入を決めました。
どれも読んだことがないものを購入してみましたが、『亀の鳴く声』(小学館)が楽しみかな。

やー、早くいっき読みしたいですね。
こういう“読みたい熱”があがってるときって、到着するまでがもどかしいです。
じゃあ近所の古本屋でもいけよって話ですが、値段が高かったのでやめました。
欲求が強くても、それを上回るのがケチ精神て、これ如何に。

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。