バンビ堂のなんかもう色々

本とかゲームとかアニメとか、とにかく雑多なバンビのアレコレ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みなさんこんばんは、バンビです。
やー、なんだか寒さが戻ってきたり花粉が飛んだり、鼻には厳しくなってまいりました。

さて今日は、バンビ堂ではお初となるとらドラ!の感想でも。
ちなみに当方原作未読につき、見当違いな意見もあるかもしれませんが
その点はどうかご容赦ください。


とらドラ! Scene7(初回限定版) [DVD]とらドラ! Scene7(初回限定版) [DVD]
(2009/07/23)
釘宮理恵間島淳司

商品詳細を見る



えっと・・・

なんか人間関係が複雑になってから純粋に楽しめない自分がいますよ。


や、それぞれの思惑がそれぞれスレ違っててそれがまた微妙にリアルで
細かい心理描写でいいな~とは思うんですが・・・なんだろう。
北村と会長のくだりまでは切ないながらもテンションあがってて
見てても結構盛り上がれたんですが、クリスマス話以降からでしょうか。
気持ちのベクトルがぶつかりそうで逆方向行ってる感じが
どうにもその辺に転がってる少女マンガのような展開に感じてしまって。

タイガーやみのりんの取る行動や態度は女子によく見られるもので
そこんとこはとってもリアルなんですが、えっと、うまく言えませんが、
初期のようなテンションのまま各々の恋愛模様を見守りたかったというか。
みのりんが煮え切らないのは単純に大河のことを思ってるからってだけ?
それとも何か別に恋愛に対して積極的になれない理由が何かある?
自由人だった頃のみのりんの印象が強すぎるので、いまいち掴みきれないキャラ。

個人的には、割り切るところはきっちり割り切ってる亜美ちんが好きです。
でもどうしたって亜美のような役割は、主人公に何かしらの悟りを開かせて
「ありがとう!おかげで俺、自分の気持ちに正直になれそうな気がする!」
と言われて苦笑しつつも切なく見守るポジションだよなぁ。
って高須は最初から自分の気持ちを認めているけれども。
とにかく報われないキャラはどうしても応援したくなってしまう私です。

そして春田が出てくるとあまりにもおばかすぎて和む。
君はずっとそのままでいてください。


でもなんだかんだいって、今視聴している中ではやはりよく作られているアニメですので
今後も楽しみにしています。


あと、どちらかというと、OP、ED共に初期の方が好きでした。



    

       
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。