バンビ堂のなんかもう色々

本とかゲームとかアニメとか、とにかく雑多なバンビのアレコレ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みなさんこんばんは、バンビです。

昨日むげにんの話がチラッと出たので今更ながら新刊感想なんぞ。


無限の住人 24 (24) (アフタヌーンKC)無限の住人 24 (24) (アフタヌーンKC)
(2009/02/23)
沙村 広明

商品詳細を見る



やーやー、尸良が狂犬から狂獣へと超進化ぁーーー!
デジモンなんてかわいげのあるもんじゃねぇって話ですが。

尸良、長生きだなぁ。
長生きだと思ってたらいつの間にか不死を手に入れてた!すごい!
相変わらずのド畜生っぷりがある意味清々しくて吐き気がしますね(^^)
思えば登場から現在まで道を外れっぱなしでした。
そんな尸良を生み出す沙村広明は(略)

前巻は天津さんがウッキウキに大暴れしてましたが、今回は尸良さんでしたね。
万次さん、形無しだなぁ。
ここんとこずっといいところ見せられてないんじゃないでしょうか。
囚われるわ、腕なくすわ、いいようにしてやられるわ。
今回も危うく死にそうになってる万次さんですが、こういう時必ず助けが来るのがお約束。
目黒の死亡フラグがバンバンたってますが、でも意外に生き残るかもしれない。
個人的には尸良vs天津ってのも見てみたい気がします。


血仙蟲の仕組みも歩蘭人によって明かされた、というか、わかりやすく
説明をされたわけですが、こうしてみると改めて思いますね。
万次さん、不死じゃなかったら何回死んでるんだろうって。
数え切れないくらい死んでるよね、あの人。
不死に無意識にでも助けられているようじゃ天津には勝てないだろうな。


と、なんやかんや言ってますが、万次さん好きですよ。
凛の存在を必ず頭の片隅においてるあたり、人間くさくて好きです。
あのボロボロ・バラバラ感がハラハラさせられて好きです。
どんだけ斬られれば気が済むの!頑張れ万次!ってなります。



    

       
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。