バンビ堂のなんかもう色々

本とかゲームとかアニメとか、とにかく雑多なバンビのアレコレ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みなさまこんばんは、バンビです。
高校受験の季節ですね。若者の皆さんは勉強に励んでください。
じゃないと私のようなダメな大人になります。


CLANNAD AFTER STORY 6 (初回限定版) [DVD]CLANNAD AFTER STORY 6 (初回限定版) [DVD]
(2009/05/08)
中村悠一中原麻衣

商品詳細を見る



CLANNAD~AFTER STORY~、本編最終回!!
綺麗にまとまって終わった感じがしましたね。
おおむね原作通りの展開で、最後まで安心してみていられました。
きちんと原作を大事にしつつ、いいものを提供しようとする京アニの精神は素晴らしいですね。

原作やったときも、正直理解力の低い自分には幻想世界との繋がりが
いまいち理解できなかったんです。
ですが!
アニメを見たら!
アニメでもやっぱりよくわかりませんでした。
わかったのは、幻想世界崩壊はあんなにすさまじいのか!ということくらいです。
小学生の感想文か。
はてさてあの少女は街の意思なのか、汐そのものなのか、街の意思=汐なのか。
それすらも間違っているかもしれませんが。
重要そうなところがよくわからないまま原作もアニメ版も終わってしまいました。


原作とアニメとで感想が違った部分が一つ。
実は原作プレイ後、光の玉でやり直せるのは、渚ではなく汐を失う瞬間の方が
良かったんじゃなかろうか、と感想を抱いていました。
鍵っ子である友人に言ったら本気で「テメエは人間じゃねぇ!」と怒られたものです。
私は人間です。

や、勿論渚がいてこその『家族』だとは思うんですが、
渚の死があるからこそ生まれる『家族の形』ってのに興味を抱いたわけで。
ですが、アニメ版は純粋に「渚が居て良かったな岡崎ぃ!」と
春原ばりに喜んであげたい気分になりました。
途中色々曖昧なまま流した部分もありましたが、いいハッピーエンドでしたね。
てっきり最終回だけはEDが『小さなてのひら』になるかな?と思いましたが、挿入歌という形。
それはそれでアリでした。


さて、次回は番外編ということですが、次こそ最後なんでしょうか?
これに関してはどの程度の内容になるのか全くわかりませんが、
いい作品がもう終わってしまうと思うと、やはり物悲しく寂しい気持ちになりますね。



    



       
みなさんこんばんは、バンビです。
いきつけのカラオケ屋のフリータイムが50円値上げされててガッカリ。
不景気、なんですかねぇ。

さて、今日は久しぶりにとらドラ!の感想でも。


とらドラ! Scene3(初回限定版) [DVD]とらドラ! Scene3(初回限定版) [DVD]
(2009/03/25)
釘宮理恵間島淳司

商品詳細を見る



さぁさぁ本編はどんどん泥沼化していくぜーーー?
原作読んだことありませんけど、これ以上にドロドロしてるんでしょうか?
ヒィッ怖いッ。

後半の大河とみのりんの怒涛の展開にギョッとなりました。
みのりんが超怖かった。
は、はげしいな・・・!!
あの子のスイッチ切り替えは突然すぎて、ちょっと大人気ない気もしますが。
まぁ思春期なので仕方がない。
あーみん贔屓目に見てる自分はそういう点で好き嫌いが左右されてるのかもしれません。

確かに、親友とも言える友達と同じ人が気になってしまったその上で
その親友が「あなたのためだから」とか言って身を引こうと振舞ってるのを
目の当たりにしちゃうと、やっぱ色々腹立つでしょうけどね。
でも言っちゃえばみのりんも同じことをしてるわけですが、それに関しては
大河を思う気持ちほど高須への気持ちが育ってなかったということ?
すみません、なんかみのりんの気持ちのやりどころがいまいち掴めません。
みのりんが前、突っ走る的発言をしてましたが、それは高須ではなく
大河を取ることに突き進むという意味ってことでいいんですかね。

残り話数を考えると、このまま大河ルート?
あーみんはこのまま一線を引いて終わりになるんでしょうか?
チヤホヤされてても、肝心の好きな男の子の眼中には入れないとか・・・切なすぎる。
私はあーみんを応援しています。が、実らないのはわかっている・・・。


なんだかんだ本編ではどろどろしてますが、大河のバイト姿は良かったですね。
普段ツインテールには反応しない自分ですが、今回の大河の髪型は実に可愛らしかった。


締めがそれかよってね。



    


       
みなさまこんばんは、バンビです。
今日はちょっと急ぎなので手短に。


ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
(1976/10)
夢野 久作

商品詳細を見る
  


今更ながら読み出した『ドグラ・マグラ』です。
文庫版で読んでいるのですが、今下巻中盤に突入中。
これ、初版が昭和51年ってことに驚きましたよ。
全然昔の匂いがしないですね。
現代でも違和感なく読める辺りが凄い。
むしろこれを約30年前に出してるというのが画期的というか。
実に面白いです。
そして文章もどことなく綺麗な感じ。

最近前ほどあまり活字を読む時間がなくなってしまいました。
寝る前数分だけ気が向いたら読む程度。
疲れてつい寝てしまう。
その割にはアニメやらマンガはよく見てますけども。
アニメやマンガばっか見てると想像力が落ちそうでいやなんですが、
でも楽なんですよね、取られる時間が短くて。


そんなこんなで、どんな結末を迎えるのか今からわくわくしてます。
単なる作中作で終わってしまうんだろうか・・・?


       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。